みやけのメモ

個人的なメモ帳です。

2018/10/11

Surface アンバサダープログラムで【Microsoft Japan Surface Event】に参加してきた(´・ω・`)

昨日、Surface アンバサダープログラムで【Microsoft Japan Surface Event】に参加してきたのですが、
いろいろあれ?って思ったので、メモっておきます。

「Surface Pro 6」や「Surface Laptop 2」の説明など、新しいSurfaceの紹介が主なイベントだったと思います。

このイベントの中で、新しいWindows(October 2018 Update)やOfficeのデモがありました。

Officeのデモは、
PowerPointの「インクをテキストに変換」機能を使って、手書きのメモをテキストに変換。
それを「翻訳」機能を使って翻訳する。

という感じのデモだったと思います。

ペンに対応しているSurfaceでは便利な機能だなー
と思ったのですが、


この機能は「Surface Pro 6」などにバンドルされる、
「Office Home & Business 2016」
では使えませんよね???


えっなんで、新しいSurfaceのイベントで、
新しいSurfaceにバンドルされているOfficeで使えない機能のデモをするの???
ちょっと意味が分からなかったので、念のため確認してみました(´・ω・`)


とうことで、先にざっくりまとめます。

■個人向けのOffice製品
個人向けのOffice製品は以下があります。

(1) サブスクリプション型
   「Office365 Solo」
(2) 買い切り型
   「Office Home & Business 2016」 や 「Office Personal 2016」
(3) 買い切りとサブスクリプションの中間
    PCへのバンドル専用の「Office Premium」※既に新規の提供終了

このうち、新機能の追加(主に毎月)を受けられるのは、(1)と(3)のみ。

現在のSurfaceシリーズや、10月に発売になる「Surface Pro 6」や「Surface Laptop 2」には、
買い切り型の「Office Home & Business 2016」がバンドルされます。

つまり、新機能の追加がないものです。
前述の「インクをテキストに変換」機能や、新しい「翻訳」機能がOfficeに実装されたのは、
Office 2016のリリースより後です。
なので「Office Home & Business 2016」には実装されていないんですね(´・ω・`)
買い切り型では、Office 2019に実装される機能になるんだと思います・・・


念のため確認してみました。



これがサブスクリプション型(Office 365)のPowerPointの最新版のリボン



「インクをテキストに変換」とか「翻訳」がリボンにありますよね。
翻訳を実行するとこんな感じになります。



で、


これが買い切り型のPowerPoint 2016の最新版のリボン

そもそも「描画」って項目がないんですよね。


やっぱり「インクをテキストに変換」はないですよね。


翻訳はあるじゃんって思いますが、実行するとこんな感じで全然違うんですよ(´・ω・`)


機能追加や機能の更新がないから当然なんですけどね。

こんな機能がSurfaceで使えるんだーって思って、
買っちゃった人がいたら可哀そうすぎるんじゃ(´;ω;`)
デモをするなら「これは今説明しているSurfaceに付属のOfficeではできません。」って説明して欲しいな(´・ω・`)
もしかしたら聞き逃していただけかもしれませんが・・・



「Office Home & Business 2016」を意地でもバンドルするのに、
なんでデモはOffice 365でやるの?

えっなんで?



バンドルされているOfficeでは、その機能が使えないのに、
なんでそんな機能のデモをするの? 不思議すぎますね・・・(´・ω・`)
「Surface Pro 6」や「Surface Laptop 2」付属のOfficeでは使えないのに・・・・


あと、めっちゃびっくりしたのが、
担当部門の偉い人が、日本国内で販売されている「SurfaceBook 2 15インチ」には、
Xbox Wireless Adapterが内蔵されていない(もしくは使用できないようになっている)ことそのものを知らなかったことですね(´・ω・`)

フォーラムなんかでもたまに苦情出ていますけど、
自社製品の仕様、しかも日本独自仕様を知らないってどいうこと?(´・ω・`)
苦情も出ていると思うのですが、エスカレーションされることはないのかなぁ(´・ω・`)
フォーラムでの当該スレッドの例


Surfaceシリーズはめっちゃ好きなのですが、日本での展開がちょっと心配になっちゃいます(´・ω・`)
あれあれ?って思ったので、メモっておきます(´・ω・`)

煽り投稿をカッとなって投稿しちゃったし、アンバサダープログラムにはもう参加させてもらえないのかなぁ(´・ω・`)

2018/01/08

Surface Book 2 15インチモデル を輸入しました(∩´∀`)∩

はじめに

Surface Book 2 の13インチモデルは日本でも発売されていますが、
15インチモデルは発売されていません(´・ω・`)
※2018/1/8時点で、アメリカでのみ発売されています。

また、USキーボードのモデルは日本では発売されていません(´・ω・`)
ということで「Surface Book 2 15インチ (SSD512GB)」を輸入してみました。

こちらの記事では、開封までのご紹介です。
具体的なレビューはそのうち書きますです。

Surface Book 2 15 インチモデルとオプション類一式

使ってみての簡単な感想

Surface Book 2 15 インチ 本体

画面が大きく使いやすい(∩´∀`)∩
GPUが GTX1060と高速なので、各種ベンチマークでもいい感じの結果が出る。

液晶部分を分離させると、15インチのめっちゃ大きなタブレットになるが、凄く軽い。
液晶部分の軽さは驚くレベル。

バッテリーの持ちがよく、1日外出して作業していても大丈夫な気なする。

タッチバットはWindows機にしては良い方だと思うが、Macには遠く及ばない。
この点は間違いなくMacに負けている部分。

キーボードは入力しやすいが、ストロークがかなり柔らかいので好き嫌いが分かれるかも。
また、全体的にキートップが微妙にぐらつくので気になる人は気になるかもしれない。

本体(液晶)側のファンの回転音がちょっとだけ高い音がするので、これも気になる人は気になるかもしれないです。

Surface Precision Mouse

Logicaool(Logitech)のMX MASTERと同じぐらいのサイズ感で持ちやすく使いやすい。
ただ、あえて輸入する価値があるかは微妙。
機能もほぼ同じなので、MX MASTERで十分かなと。

デザインの統一感という観点では好印象です。

Surface Dial

面白いデバイスですが、イラストを描く人以外にはまだ使い道がないかなという印象。
せっかくなのでいろいろ遊んでみたいデバイスではあります。

Surface Pen


やっぱりペンは便利ですね。
Surface シリーズには必須だと思うので、別売りにせずにセットにしてくれればいいのに(´・ω・`)

輸入方法

Amazon.comが日本へ配送してくれるため、ここで買いました(∩´∀`)∩
Amazon.com: Microsoft Surface Book 2 (Intel Core i7, 16GB RAM, 512GB) - 15"

ついでに、日本で未発売の Surface Precision Mouse も一緒に発注しました。

日本のAmazonで買い物をするのと同じように発注できるので、
いつもと変わらず簡単に購入(輸入)できました。

なお、日本国内では保証は受けられないようなので気を付けてください(´・ω・`)

お値段(送料など)

円建てで購入したため、円表記になっています。
また、一番早く届けてもらえる「AmazonGlobal Priority Shipping 」で発注しました。
※発注した2017/12/27 時点の価格です。

Microsoft Surface Book 2 (Intel Core i7, 16GB RAM, 512GB) - 15" : $2,868.98

Item(s) Subtotal: JPY 337,527
Shipping & Handling: JPY 4,351
-----
Total before tax: JPY 369,229
Sales Tax: JPY 0
Import Fees Deposit: JPY 27,351
-----
Total for This Shipment: JPY 369,229
-----

Microsoft Surface Precision Mouse, Light Grey: $92.99

Item(s) Subtotal: JPY 10,940
Shipping & Handling: JPY 1,107
-----
Total before tax: JPY: 12,047
Sales Tax: JPY 0
-----
Total for This Shipment: JPY 12,047
-----

送料は大したことがないのですが、やはり関税が高いですね(´・ω・`)
ちなみに、2017年12月27日に注文して、12月31日に到着しました。
年末なのにアメリカからちゃんとやってきました(∩´∀`)∩

開封する

Surface Book 2 15 インチ 本体

ダンボールの中にダンボールがあり、その中にパッケージがありました。
USキーボードです(∩´∀`)∩
結構おしゃれな梱包ですね。

MacBook Pro 15インチモデルと同じぐらいのサイズ感。
付属品の電源ケーブル。(割と大きめ。。。)
ケーブル自体は、かなりしなやかで扱いやすく好印象
付属のドキュメント(これ以外に付属品は無し)
キーボード
標準的な配列で使いやすい

Surface Precision Mouse

マイクロソフトのフラッグシップ的なマウスですが、日本未発売(´・ω・`)
MX MASTERと同じぐらいのサイズ感
全体的に丸みがあって優しい印象のデザイン
付属品はUSBケーブルとドキュメント
ケーブルを束ねるものがついていて、これがいい感じ!
むしろこれだけ欲しいレベル
ケーブルの先は少し斜めになっていて
マウスに接続した際にぴったりになる

Surface Dial

日本で買えるので国内で購入しました

Surfaceはパッケージに統一感があっていいですね

付属品はドキュメントと保証書
裏面は滑り止めのゴム
裏ブタはマグネットでくっついています


Surface Pen
ペンも日本で購入しました

付属品はドキュメントと保証書

以前のモデルにあったクリップはなくなりシンプルなデザインに

おわりに

Macbook Pro 15 (Mid 2015) からメイン機を移行しちゃいましたが、
分離してタブレットになったり、ペンでいろいろ書き込めたり、
いろいろと楽しいPCだと思います。