個人的なメモ帳です。

2017/10/02

Outlookで誤送信を防止するための確認アドインを作りました。

作ってからほぼ告知していなかったので、ざっと説明を書いておきます
(`・ω・´)

Microsoft Outlook で 誤送信を防止するために確認してくれるアドインです。
32bit版のOutlook 2013と2016で動作確認をしました。

無料で使えます。特に制限などはありません。
また、オープンソースなので、必要に応じて改造していただけます。

企業での利用などで、保守やサポート、個別の機能追加が必要な場合は、
弊社までご相談ください。

ダウンロードはこちらから
■GitHubのプロジェクトページ
■GitHubのダウンロードページ

インストールするとOutlookでメールを送信する際に、
以下のような確認画面が表示されるようになります。
確認ポイントに全てチェックを入れると、メールが送信できます。
(送信前に確認をしてミスを防ぐことが目的です)
メール送信前の確認画面


Outlookにインストールすると、送受信タブに項目が追加されます。
ここから設定画面を開いたり、バージョンを確認したりできます。
Outlookのリボンに追加された項目


便利なオプション機能がたくさんあります。
また、各種設定はCSVファイルでのインポート/エクスポートに対応しています。

よくメールを送信する先など、チェックを回避したいアドレスを登録できます。
ホワイトリストに登録したアドレスは、確認画面でチェックをする必要がなくなります。
(宛先メールアドレスのチェックが自動で入ります)
ホワイトリスト機能

名称と宛先ドメインを登録し、送り先が間違っている恐れのある際に警告します。
例:登録した名称が本文に含まれているのに、送信先のドメインが異なる場合警告。
名称とドメインの登録(紐づけ)機能

登録したキーワードがメールに含まれる場合、その旨を警告します。
例:機密という言葉が含まれていたら警告する。
警告キーワード機能

登録した警告アドレスが含まれる場合、その旨を警告します。
例:重要なお客様へのメールは常に警告する。
警告アドレス機能

登録したキーワードが含まれる場合、自動でCCやBCCにアドレスを追加します。
例:機密というキーワードが含まれる場合、常に上司のアドレスをBCCに自動で追加。
自動CC/BCC追加機能(キーワード)

登録した宛先の場合、自動でCCやBCCにアドレスを追加します。
例:特定のお客様へのメールには、常に上司のアドレスをCCに自動で追加。
自動CC/BCC追加機能(宛先)