個人的なメモ帳です。

2017/08/10

GPD Pocketで休止状態からの復帰後にSystemのCPU使用率が常時30%ぐらいになっちゃう問題

(2017/08/11 追記)
下記設定をしても、温度がある程度上がるとSystemの暴走が始まっちゃいますね(´・ω・`)
ということでこれでも完全な解決になりません。。。

プロセスを分析すると、iai2ce.sys が原因っぽいのですが、
なんで熱くなると暴走するのか不明です(´・ω・`)

熱と、CPUと、iai2ce.sys この辺りが解決のヒントになりそうなのですが、
そもそも、GPD Pocketの出荷時状態は休止状態が無効になっているので、
解決自体が難しいのかもしれません。

なお、iai2ce.sys について、Microsoft Update カタログからダウンロードできるすべてのバージョンを試しましたが、現象変わりませんでした。

System暴走時のプロセス詳細



-----------------------------------------------
GPD Pocket休止状態(Hibernation)からの復帰後に、
SystemのCPU使用率が常時30%ぐらいになっちゃう問題について

GPD WIN から持病としてあるこの問題、Intel DPTFをオフにすると直る。
という話を海外フォーラムでよく見かけますが、(こことか)
それだけでは直らないという話があったり、そもそもDPTFを安易にオフにしても良いのか?
という懸念点もあります。。。

ということで、DPTFをオフにせずに何とかできないかと、
DPTFのドライバを最新のもの(今だとたぶん、8.3.10205.4743)にしたりちょっと古い8.2代にしたり、
2017/06/28版のBIOSで関連しそうなもの全部変えてテストしてみたり。。。

とやった結果、結局のところ、
2017/06/28版のBIOSでDPTFの設定を変えると落ち着きました。

どれが該当しているのかまで試していませんが、
DPTFの設定で、Passiveの温度として設定されている温度を超えるとSystemの暴走が始まるようです。

ということで、この設定を変えて落ち着かせました。
ただ、その分、発熱したりバッテリーの使用量が増えたりというデメリットもあると思います。。。

以下、設定してある画面です。
※設定するリスクについて何とも言えないので、ここをいじれる方だけ自己責任で試してください。

変更して、設定温度も超えていないのに問題が発生したよー
という方は是非教えてください! 他の要素もあるかもなので。
(DPTFのドライバが最新版(8.3代)とかそういう要素も関係しているかも。)

デフォルトでEnabledになっている項目の、Passiveの温度を85℃にしてあります。
(さすがに85℃は超えないと思うので笑)

BIOSでの設定画面